FXで逆張りナンピンを繰り返して1000万円の大損しました(30代男性)

今回は株式投資の経験者がFXをやってみて大敗してしまった体験談です

最初はFXに慣れず損失を出していましたがやがてじょじょに慣れて利益が出るようになりました

そして1000万円という資金量を生かしてナンピン戦略に頼るようになっていた時に一方通行の大相場に直面してしまいました

 

元々株式投資を最初に行っており、FXの口座を持つきっかけとなったのは、その当時、FXの業者が口座を作ると現金をキャッシュバックプレゼントの企画を行っており、キャッシュバックがあるなら試しに作って少しやってみようかな、と軽い気持ちで口座を開設したのが始まりです。

最初に株式で得ていた利益分、1000万円を口座に入れスタートしました。

それが1ヶ月足らずでパンクしてしまいました。

スポンサーリンク

スキャルピングで利益を狙う

先ずは、米ドル/円で取引を始め、1回の取引で5銭取ることを目指し、投資をスタートしました。

最初はFXでは損切りが命である、という考えていましたので、逆に動かれたら直ぐに損切りを行って対応していました。

株式相場で慣れていた私にとっては、FX相場の値動きのスピードというのは凄く早く感じられ、確実にシグナルを待ってからの買いだと遅く、損切りを繰り返し、資金を目減りさせていくこととなりました。

そこで、確実なシグナルが出る前のワンターン早いタイミング、トレンドが形成される初動で抑えてそこでポジションを持つようにしました。

損切りではなくナンピンで耐える

そうすると、これが見事に成功し、資金がジワジワと増えていき、これで良いのだと思った矢先、大相場に巻き込まれ、一方的に逆方向に動き続けました

もう反転するだろう、もう反転するだろうと、ナンピンにナンピンを繰り返した挙げ句、そのまま逆方向に進み続け強制ロスカットとなりました。

顔面真っ青になると共に、何とか残った資金で取り返そうと焦ってポジションを慌てて持った所、また大相場に巻き込まれてジ・エンドでした。

正に同じ失敗を繰り返し、最後は祈るように傍観しているだけの投棄屋になっていました。

大敗するまではナンピンで耐えてれば戻って来てた

一番の理由は、最初は損切りをこまめにしていたのですが、資金が増えるに連れて、損切りをしなくてもさばける相場が暫く続きました

逆に動かれても、待って元の値段に戻ってから決済する、もしくは、ナンピンをして購入価格を有利な状況にして決済するということを繰り返すようになっていました。

それによって、一方的に動かれる大相場によって、一気に資金を失う結果を必然的に招くことになりました。

投資では最悪とされる手法、損切りせず、ナンピンを繰り返すを実行してしまったことが破産した主因になります。

教訓 損切りルールを設定する

私はこの経験から、2つのことを実行するようにしました。

それは、損切りをする、それも利益を5銭取ろうとするなら、5銭逆に動かれたら損切りをするように設定して、ポジションを持つことにしました。

10銭なら10銭という様に、利益と同額の損切り額を最初に設定してしまうようにしました。

これによって、取引を単純化して、勝率にこだわろうと考え方に変えました。

教訓 ポジションをとる機会を待つ

そしてもう一つは、ワンターン早くポジションを持っていたエントリーの仕方を反転のサインが見えてから、更に、本当に自分のポジションと逆方向に動く兆候がなくなったかどうかを確認してからポジションを持つようにしました。

イメージ的には、ワンターン人より早くポジションを持っていたものをツーターン待って確実にポジションを持つ、という手法です。

タイトルとURLをコピーしました