含み損でメンタルが毎日落ち込んでました、損失50万円を確定させたら楽になりました

今回は日経先物225ミニで50万円の損失を出した40代男性の体験談です

男性は売りポジションを持って、上昇に担がれて含み損を抱えて毎日憂鬱な気持ちでした

含み損を確定させると気持ちが楽になったそうです

 

数年前から先物取引(日経225)を手掛けています。

先物取引は、少ない証拠金で大きなポジションを持つことができるため、夢を持つことができます。

そのため先物取引を開始しました。

スポンサーリンク

日経225に用意した証拠金は100万円

証拠金は100万円で、レバレッジは5倍から10倍の間で取引をしていました。

ところが、今年に入って先物取引で損失を被ってしまいました。

売りポジションを持ったのは、3月22日でした。

損失を被った売りポジション

日経平均の先物価格が21000円のときに、ミニ先物を5枚ショートポジションを持ったのです。

1050万円分の金額です。

このときにショートポジションを持った理由は、日経平均株価が下落トレンドに入ったと判断したからです。

日経平均株価は、3月8日に20500円台まで下落したものの、反転して21000円台前半まで戻りました。

しかし、再び日経平均株価が下がってきたのです。

3月22日にローソク足が長い陰線を示したため、必ず一気に日経平均株価が2万円を目指すと思ったのでした。

下落トレンドに入ったと確信

この時点で、移動平均線はデッドクロスしていましたし、テクニカル指標のMACDもデッドクロスしていました。買いポジションを持つ理由はありません。

さらには、米中貿易戦争が過熱しており、すでに世界の貿易量は縮小傾向を示していました。

アメリカ経済は好景気の天井を打ち、中国経済の実質成長率は3%程度であるとの観測もでていました。

逆に上昇してきた

ところが、日経平均株価は下落しなかったのです。

翌営業日の3月25日は20600円台まで下落しましたが、その翌日からは反転上昇していったのです。

ローソク足は長い下髭をつけ、3月29日には21500円まで日経平均株価が上がってしまったのです。

この時点で、含み損の額が25万円となっていました。

テクニカル指標のMACDや移動平均線はゴールデンクロスしてしまいました。

チャートを見ると憂鬱な気持ちになる

チャート画面を見るだけで、嫌な気持ちになり落ち込みました。

しかし、私は「必ず株価は下がる」と意地になってしまい、ショートポジションを持ち続けました。

それでも株価は上がり続けました。

そして、日経平均株価は4月中旬になると日経平均株価が22000円台で落ち着いてしまい、私はついに観念してミニ先物5枚のポジションを損切りすることにしたのです。

損失を確定させて気持ちが楽になる

気持ちが楽になりました。

苦痛から解放された気持ちになりました。

確定損失額は、約50万円でした。

証拠金の半額を簡単に溶かしてしまいました。

ポジションを無くしてまっさらな視点で反省

原因は、いつものトレード手法が通用しなかったことが挙げられます。

通常は、移動平均線とMACDがデッドクロスすれば、下落トレンドに入ります。

それを、私はかたくなに信じていました。ところが、日経平均株価が下落しなかったため、私は「自分の判断が間違いのはずがない」と意地になってしまいました。

意地になってしまったことも、私の失敗の要因だと思っています。

同じ失敗を繰り返さないためには、もっと柔軟な思考を持ち、柔軟な行動力が必要だと反省しました。

そして、日本銀行が大規模な金融緩和を実施しているのですから、大幅に日経平均株価が下落するわけがないと思いなおしました。

テクニカル指標がデッドクロスしても、下落するわけないと考えなおしました。

基本的には、買い目線で株式市場を見る必要があると考えなおした次第です。

タイトルとURLをコピーしました