パチンコ感覚で株式投資をしてみたけど、勉強不足で損しました(30代女性)

今回はパチンコ(パチスロ)感覚で株式投資をしてみた女性の体験談です

数ある投資の中で比較的にリスクの低い投資として株を選びました

しかし、始めてみると株式投資の勉強不足を痛感したそうです

 

私が株式投資を始めたのはで今みたいに預金していても資産が目減りしていくだけだと思ったので少しでも資産を増やすには株式投資くらいやるしかないと思ったというのがありました。

ただ、実際には投資法は他にもあるのにどうして株式投資を選んだかというと株式投資ならそこまで高いリスクもなく投資を始める事ができると思ったというのがあります。

スポンサーリンク

株で30万円を損しました

では、実際に株式投資でいくら投資したかというと私は50万円ほど投資したのですが結局30万円くらい損をしました。

そして投資している最中はどういう心理だったかというとずっと下がっている状態でもそのうち戻って逆に儲かるという風に思っていました。

パチンコでハマる状態でした

それはまさにパチンコをやっている時と同じような心境で投資をしており、これだけで投資したのだから損した状態でやめるわけにはいかないという心理状態でいました。

この気持ちがあったせいで損をしてしまったと言っても過言ではないと思いました。

損をしてしまったままで終わらせたら損をしてしまうとずっと思っていたのが最大の失敗だったのは間違いないです。

下落局面で持ち続けた

今でこそ投資で損をする事を恐れるのは禁物というのは分かっているのですが、株式投資を始めたばかりの頃はそれが全く分かってませんでした。

それなので、私が株式投資で損をしてしまったのは株価が下降局面に入った時にすぐに損切の決断をせずにずっと持ち続けていたのが最大の敗因だと思っています。

株について勉強不足でした

もし、当時から損切りが重要という事が分かっていればここまで大損をしてしまう事もなかったと思います。

また株価の動きをしっかり勉強していなかった事もいけなかったと思っています。

つまり、株式投資を始めるにはまるで勉強不足だったという事です。

いくら株式投資が投資の中では比較的リスクが低い方だと言っても株について勉強せずに儲ける事ができるほど甘くはないというのが分かりました。

トータルでの儲けを考える

なので、そこから私が学んだのは株式投資をやる際には儲かる事ばかり考えずに損をしてしまう事もある前提でやらないといけないというのと、トータルで儲かる事ができれば良いという風に考え方を変えていくのが大事だと学びました。

そうしないと常に株取引で儲かる事はないので、損をしてしまいそうになった時は素早く損切りをして被害を最小限に抑えるのが大事だと思いました。

それで年間の株取引がトータルで儲けが出るようにしていくのが最善だと思いました。

その結果として個別の株取引で儲かったか損したかにこだわってはいけないとそれ以降強く意識するようになりました。

タイトルとURLをコピーしました