テンバガー (10倍株) 、ピーター・リンチの名言

ピーター・リンチ(1944~)は、アメリカの投資家、投資信託マネージャーです。

1977年から1990年の13年間マゼラン・ファンドのファンドマネージャーとして、年平均リターン29.2%を達成し、マゼラン・ファンドを世界最高の投資信託ファンドに育て上げた。

その13年間でマゼラン・ファンドの運用資産は1,800万ドルから140億ドルに増加した。

各金融メディアから「レジェンド」と称えられている。テンバガー (10倍株) の名付け親でもある。

リンチは幼い頃に父親が亡くなり、10代前半から家計を助けるためにキャディーとして働いていた経験がある。

スポンサーリンク

ピーター・リンチの名言

 

株式投資で利益を上げるのに必要な知能程度は誰もが持合わせている。
ただ誰もが肝が据わっているわけではない。
慌てふためいて何もかも売却してしまうような性格であるなら、株や株式投資信託はやめた方がよい。

デイ・トレーディングに生計を賭けることは、競馬やブラックジャック、あるいはビデオ・ポーカーで、生計を立てるのとほとんど同じである。

株価の今日や明日、または来週の動きは、単なる気紛れでしかない。

正確に金利、経済、株式市場を予測できる者はいない。
そのような予測は忘れ去って、投資した企業に何が起こっているかに注意を払うべきである。

投資したいという株が見つからない時は、見つかるまで資金は銀行に預けておくのがよい。

ほとんどの人は、株式投資よりも電子レンジを買うことのほうに、より多くの時間をかけるのである。

十分な銘柄調査の結果出来上がったポートフォリオは、債権やその他の金融商品のポートフォリオよりも長期的には利回りは良い。
長期であっても選別が不十分であれば、ベッドの下に現金を置いておくほうがましである。

優良企業に投資しているのなら、時間はあなたの味方になる。

タイトルとURLをコピーしました