バイナリーオプションは勝率管理で勝ち逃げできるか挑戦した(20代男性)

今回はバイナリーオプションの1/2の確率を利用して勝つことをもくろんだ男性の体験談です

考えたかはこうです、1/2であるので、その勝負を賭け続け勝率が50%を超えたらすぐに勝ち逃げをするという手法です

これは必ず勝てるだろうと実戦に突入しました・・・しかし、実戦では失敗してしまったのです、その失敗の原因は実に単純なものだったのです

 

バイナリーオプションとは購入した価格が数分後上か下かを当てるだけの売買ルール。

そんなシンプルで初心者にでも分かりやすく誰にでもチャンスがある金融商品の一つではないだろうか。

当時FXで中々勝てず利益も出せず四苦八苦してた頃、巷では人気急上昇中の海外業者のバイナリーオプション。

これに出会ったのは衝撃的でした。

スポンサーリンク

バイナリーオプションは勝率管理で勝てるか?

このシンプルさは何よりも相場分析や検証もFXとは違い勝率だけ考えた資金管理だけで勝てるのでは?というのが魅力的でした。

バイナリーオプションの1勝とFXトレードの1勝は異なる。

2倍ペイアウト固定のバイナリーオプションとは違いFXでは利食いと損切がまばらで安定した期待値も無く平均値をみても安定しないものです。

利食いと損切を1:1に徹底していればバイナリーオプションと同じ期待値にもなりますがこれがなかなかどうしたものか

裁量トレードの欠点

「欲張って利食いは出来ない」

「少し耐えればプラスになるから切らない」

等々どうしても裁量トレードならではの欠点が出てしまいます。

理論値二分の一を利用

必要な勝率は5割あれば何とかなりそう。

これはよく見聞きされる内のひとつで勝率というのがあります。

10回中5勝すれば勝率5割、100回中50勝すれば勝率5割。

ペイアウト2倍のバイナリーオプションであれば10戦中5勝5敗でトントン、

100戦中50勝50敗でトントンという簡単な検証ができます。

実際やってみると回数はともかく勝ち負けが対等に分かれる場面が多々あり必ずしも切りのいい回数で勝ち負けが周期している訳でもありません。

勝率5割でも勝てる方法

勝率5割だと儲かってないんじゃないの?って話にもなりますが。

一見トントンにもみえますが勝ち逃げという案がひとつにあります。

負けから始まっていればトントンまで頑張り、勝ちから始まってある程度の利益でその日は勝ち逃げ。

という若干都合のいい話でもあったりはしますが

FXトレード経験上勝っている内に手仕舞いした方が割かし負け回数を回避出来てたりする場面が多く、タラレバと言われればそれまですが勝ち逃げすれば実質資金は減る事はありません。

利益が取れる機会損失がって話になるとそれもタラレバの結果論に終始するので個人的には勝ち逃げを勧めたいと思います。

実戦での敗北

実際やってみると現実はさほど甘くもなくヤラかしました、あ、はい。

手法の勝率が7割8割であれば全然問題無いのでしょうが、私の使ったのは「勝率5割の手法だ」と過信し過ぎていたのが敗因なのか、

二分の一に回帰する前に資金が尽きた

そもそも負けの周期が長くて用意してた30万円の資金が溶けて底をついてしまった、たまたま相場に合わない手法だったのか・・・

FXトレードに続き負けの原因を探るべくまた分析検証です。(何となくそんな気はしてました。)

結果としては惨敗でしたが検証を重ねるごとに少しづつ負ける回数が減る事は体感としてあり少しづつ成長できているのだとは思っています。

そんな中、巷で噂のマーチンゲールなる資金管理方法を小耳にはさんだのでこれをうまく活用したトレードを検証しつつリベンジしたいと思います。(少額で)

タイトルとURLをコピーしました