モナコインで30万円が1万円になる大暴落に巻き込まれる

今回はモナイコインへの投資で1万円から始めて、追加投資などをして30万円まで資産が伸びたのに、1万円に戻ってしまった30代男性の体験談です

買ってすぐ上がりはじめてとても上出来のスタートでした

下落は一時的なものだと考えていましたが想定以上の暴落になりました

 

始めたのは、仮想通貨の盗難等がある前の2017年10月頃でした。

その頃は、モナコインが500円程度でありとても買いやすかったです。

スポンサーリンク

モナコインを買ってすぐ価格は上がりました

そして、購入した次の日から少しづつ上がり続けました。さらに、その時使用していたアプリが利益を算出してくれるアプリでしたので、朝起きてから利益を見るのが楽しみになっていました。

最初は、一万円でスタートしましたが、どんどん価値が上がっていくのを見て、10万円まで追加で購入しました。

そして、年末付近にドンと急上昇し、30万円まで資産が伸びました。

一時的な下落ですぐ回復するだろう

しかし、年末から年明けにかけ価値が下がりました。

私としては、為替や株と一緒で少しの利益で満足した人がいたんだなと思っており、また復活するだろうと思っていたのと今売ったら確定申告が面倒だなという思いがあり、売りませんでした。

そのあともどんどん下落していき、元の資産まで戻ってしまいました。

更に急落して30万円が1万円に大損です

その時は、なぜかわかりませんが同僚とまた上がるとか今売ったらもったいないと話しておりました。

そして、2018年6月にドンと下落し、単価が130円となり資産も一万円まで下がってしまいました。

なぜ損をしてしまったのか

①なぜか、下がっているのに根拠もなく、単価が上がると思っていたこと。

②同僚と一緒になって(バカ騒ぎしたり)やっていたので、自分だけが損をしたら嫌だと思ったこと。

③元の単価まで戻った時においてもまだ大丈夫だと思ったこと。

の三点だと思います。

冷静な判断をすべきでした

①同僚や友人と騒ぎながらやってはいけない。
これは、同僚の意見に流されたり、同僚だけ億り人になったらといった競争意識が芽生えるため、冷静な判断が出来なくなってしまうから。

②利確、損切りを覚える
利益がある程度出た時点で売る勇気があれば資産が2倍まで伸びていたと思います。

また、下がっているチャートの状況で元の単価やそれを少しでも割った場合はすぐに損切りをできるようにするこで損失も少なくなったと思います。

タイトルとURLをコピーしました