大学生がアルバイトで貯めた資金60万円をFXで吹っ飛ばした体験談(20代男性)

今回はアルバイトなどで150万円の資金を用意してFXで運用しようとした男性の体験談です

最初は狙い通りスキャルピングで利益を上げ続けていました

しかし、ここだと狙いすましたポジションをとった時に予想もしていなかった値動きで大損してしまいました

 

20代男性です。

私がFX(外国為替証拠金取引)を始めたのは、大学にかかる費用を稼ぎたいと思ったからです。

スポンサーリンク

最初は株式投資を始めることにしました

FX取引の本ではありませんでしたが、株式投資で大学生が3億円を稼いだ方法といった本を古本屋で見かけたことがきっかけでした。

始めは株式投資をしていましたが、投資資金が少なかったこと株式投資では信用取引でも最大資金比3倍までの取引しかできなかったことなどの理由でFX取引へ移行していきました。

アルバイトなどで資金150万円を用意してFX

新聞配達などのアルバイトで貯めた150万円くらいの資金で投資し、ほとんどフルレバレッジ(当時は25倍)でスキャルピング投資をしていました。

フルレバレッジのため、少し相場が変動しただけで数千円という損益単位で収支が変動することから長期投資はメンタルが耐えられず瞬間的な取引手法にたどりつきました。

有名な本やインターネットサイトを熟読して、はじめのうちは稼げていましたが、調子に乗ってしまい大きな損失をすることになります。

フルレバレッジでスキャルピングしまくってました

最初、利益を得ていたことで、これで生活していけるのではないかと錯覚した私は、またしてもフルレバレッジで投資をしていました。

今考えると恐ろしくハイリスクな自殺行為でしたが、大損を知らず、いざというときは強制ロスカットがかかると鷹をくくっていた私には分かりませんでした。

金融政策の変更など重要な要人発言や地政学リスクの勃発などで大きく変動するのが外国為替市場です。

投資市場のなかで最も巨大で、ファンダメンタルズもテクニカル分析も、上記のように、要人発言や突発的な政策変更などから、いくらでも影響される最も難しい投資市場ということは大損した後に知りました。

予想外の値動きで大失敗しました

その時は円高の傾向でした。

それまで長年つづいていた円高への深い慣れから、そんなに大きく変動しないだろうと、大きく円安に振れた瞬間のリバウンドをとろうと円高方向にかけたのでした。

しかしポジションをとったその時に相場は予想を超えるほど大きく変動し、1日で1円以上動くどころかほんの一瞬で大変動が訪れました。

ほんの数分くらいで60万円くらいを失いました。(当時は生活費などで出金して原資を減らしていましたので結果的に少額で助かりました)

私はそれ以来、FX口座を解約して外国為替市場への投資は2度としないと誓ったのでした。

タイトルとURLをコピーしました