東日本大震災でFXで偶然儲けが出ましたが、その後に全て失い大損しました(30代男性)

今回はFXで損した初心者の30代男性の体験談です

FXを始めて自分ルールを決めてやりましたが、どうしても欲が出たり、ひょっとしたら含み損が解消されるんじゃないかなどと思ってしまい自分ルールを守れなかったそうです

ポジションを持っている時に東北大震災が起きました

 

現在30代の男性です。

FXを始めた当時は25歳でした。

FXをやろうと思ったのは社会人になって金銭的に余裕が出てきてからでした。

当時、数百万円の貯金があり、無駄に通帳に眠らせているのはもったいないと考え、なにか良い方法はないかと考えていました。

スポンサーリンク

楽天ポイント目的で楽天FXの口座を開設

私は学生時代から楽天のサービスを愛用しており、当時も年間数万ポイントを稼ぐような、楽天ヘビーユーザーでした。

あらゆるサービスを利用し、ポイントを獲得していました。そんななかで見つけたのが、楽天FXでした。

当時、楽天FXでは、初めて利用する人に向けて5000ポイント程度をプレゼントしていたのです。

ポイント目当てで登録をしたものの、せっかくなら少しやってみようかなというのが、FXを始めたきっかけです。

初心者ながらも感でやってみた

実際に初めて見ると、もちろん素人ですから、売り買いもすべてカンだよりでした。

それでも、2分の1の確率で予想が当たれば、簡単に利益が出ることに驚き、これは稼げるかもしれない!と安易に考えてしまったのです。

それから、少しずつFXについて勉強しました。

相場への欲、恐怖で利確、損切りが上手く出来ない問題に突き当たる

ですが、どうしても利益が出ると、もう少し利益を出したいという気持ちがわきます。

逆に、損失が広がると、もしかしたら相場が逆に触れるかもしれない・・・、という淡い期待から、損を確定できないのです。

どんなに勉強をして、相場の傾向を読めるようになっても、利益・損失を確定することが出来ず、最終的にはどんどんと損失だけが膨らんでいきました。

入金したお金が無くなるたび、このお金を入金したらもうやめよう。そう思って入金するのですが、無くなると、まだいける!という気持ちが抑えきれず、また入金してしまう。

この繰り返しでした。

東日本大震災のfxチャートで偶然儲かる

FXを初めて2年ほどたった2011年ころには、損失は100万円程度にまで膨らんでいたと思います。

そんなとき、東日本大震災が起きました。

当時、ドル円の取引で円高方向にドル売りポジションを多く持っていました。

週明けの月曜日に、為替がどういう動きを見せるのか全く予測が付きませんでした。

当時の私の予想は、単純に円安になると考えていました。

一気に円安となれば、ドル売りポジションは大きな損失になる可能性があります。

生きた心地がしないまま、月曜を迎えると、実際は急激に円高にふれたのです。

一気に100万円程度の利益がうまれました。

次にとったポジションで大損

これで、これまでの損を全部返せる!そう思いました。

ですが、私はこれでは満足できず、一度利益を確定。

今度は円安に振れると予測し、ドル買いを仕掛けました。

その後、100万円がなくなるのはあっという間でした。

簡単に得た利益というのは、使うのも躊躇しないものです。

この時、私にはFXは無理だなと確信したのです。

相場の前では欲のコントロールが難しい

FXは、損切りや、利益確定のルールをしっかり作ることで、ある程度の利益を得ることは可能です。

ですが、ここに欲が入ると、うまく回らなくなるのです。

そして、FXによって得たお金というのは、苦労して働いて得たお金と違い、使うことに躊躇がなくなります。

私のFX戦歴はマイナス30万円程度です。

また、お金に余力が出来たらやってみようかな・・・。と、考えています。

タイトルとURLをコピーしました