<日経225>デモトレードと実際の取引はメンタルが違いました、10万円負けました

今回は日経225の取引でデモトレードと実際の取引との違いを痛感した男性の体験談です

彼はデモトレードを1ヵ月行い元手10万円で1万円の利益をだしました、そこで実際の取引をするために100万円を用意して月10万円の利益を目論見ました

最初はデモトレードの時と同じように毎日コツコツ利益を積み上げました・・・しかし、1回の損失からメンタルが平常心を保てなくなってしまいました

平常心を保って取引を行うことが重要かがわかります、是非参考にしてください

 

私は28歳の男性です。

トライしたのは日経225(GMO証券で日本225)になります。

いわゆる、日経平均株価の先物取引になります。

スポンサーリンク

GMO証券で日経225CFDデモトレードに挑戦

実際に投資してみてですが、まず投資金額として用意したのは100万円でした。

取引形式はデイトレードにて取引を行っていました。

かけてみた結果ですが、損失額は10万円。

2か月続けた結果負けまして現在は取引をストップしています。

貯金をしてても金利が低い

細かく話しますと、投資を始めたきっかけとして、自分がいま貯めているお金をどうにか運用して増やすことができないかと考えたことでした。

銀行のそれも普通口座に預けているだけでは、
金利も低く、増えるはずもありません。

とすれば、定期預金…もっと増やしたいと考え、株、FXなど検討し始めました。

勉強していく中でCFDを学び、わかりやすいチャートと
海外の株式を取り扱えるなどで興味を示すようになりました。

GMO証券でまずはデモトレード

初めはGMO取引にてデモトレードを行うことができ、
1か月無料で模擬取引体験を行えるということで、試しにやってみようと思い始めました。

デモトレードでは10万円を投資資金として用意し運用していました。

1か月試した結果、1万円利益が出ました。

デモトレードの結果、上手く行くと確信

利益率は75%ぐらいで10日やったら1日損する、それ以外は利益が出るという、損額は大きいですが、利益額を少なくし、

自己資金の約1%で利益がでればそこで確定させるといった、安全をみて取引をしていました。

単純計算で投資額を100万円にふやせば、月10万円は稼げると考え、リアル投資の際は100万円を用意し、トライしました。

出だしは好調

テクニカル分析を主軸とし、一応毎朝、ネット等で情報を仕入れながら

毎日1時間を目途にチャートとにらめっこをしていました。

始めた当初は毎日5000円前後プラスといういい感じで勝てていて、調子を上げていました。

取引としては、IFD-OCOを実施。

理想注文と損切りを設定しデイトレードを行っていました。

1つの損から狂いだす

ただ、10日ほどたったころ、大損をしてしまいました。

損切りの読みが甘く、5万円ほどロスしてしまいました。

なんとかそれを取り返そうと、むちゃな取引をおこないました。

1%の利益を目標としていたのですが、まだいけるという気持ちが先行し、決済をせず、保有しつづけ、利益がなくなりマイナスになる。

取り返そうとして傷口が広がる

悪循環で結果20万ほどロスしました。

そののちなんとか10万円は取り返したのですが、やる気がなくなりそのまま取引をやめてしまいました。

今から思えば、もっと慎重に、長期的に取引をおこなっていればこんなことにはならなかったのだと感じています。

長期的な視点で慎重にやるべきだった

当時、チャートは上昇傾向で多少損失が出ても1週間もすれば1000円ちかく株価が上がるといったイケイケの状態でした。

短期的に判断せず長期的思考をもっていれば大儲けできたはずです。

もう少し勉強してから出直そうと思っています。

タイトルとURLをコピーしました