バイナリーオプションで負け続けて家賃滞納、生活が破綻寸前になりました(30代男性)

今回は奥さんが病気になり、収入が減ってしまったのでその分を穴埋めするためにバイナリーオプションを始めた30代男性の体験談です

最初は調子が良く1万円がいきなり4日間で10倍の10万円まで増えました

「私はセンスがある」と思ったその時からまさかの事態に陥るほど負け続けることになりました

 

以前は、夫婦共働きだったのですが、突然、妻の目に疾患ができ、働くことができなくなってしまいました。

二人分の収入でなんとか生活を行ってきていたので、切り盛りすることができなくなり、高校の先輩から勧められたのが、バイナリーオプションでした。

スポンサーリンク

掛け金以上に損をしない安心感

損失額も自分の掛け金以上にはならないとの安心感から先ずは1万円から始めました。

当時はトランプ大統領が当選をするか否かという、期待のこもった相場だったので、一日一日が大きく動いていたように記憶しています。

当時はラダーを行っていたのですが、たまたま、経済指標の発表が私がBETした方に大きく動いて1度に3万円ほどの利益が出ていたと思います。

勝ち続けて1万円が10万円にまで増える

そして、気づけば1万円が10万円までたった4日間で増えていました。

「これはすごい。私はセンスがあるぞ。」と思ったことが大きな間違いでした。

その後は勝負!勝負!を繰り返し、最高15万円あった残金がいつの間にか1000円台に・・・

負けた分を取り戻さなくては

一度甘い蜜を吸ってしまっているものだから、「取り戻さなくては」と追加入金。

しかし結局ラダーではマイナス15万となっていました。

「なぜ、負けるのか?あ、投資の勉強をしていない。勉強しよう!」とYouTubeを開き勉強を開始しました。

大きく動いたら逆張りだ

そこにアップされていたのが、オーストラリアのとある業者でした。

さらにそのYouTubeの解説がわかりやすい方法として紹介されていたのが、大きく動いたら逆張りと非常にシンプルなものでした。

「これは簡単」とすぐに口座を開設して、即10万円を入金。

こんなに簡単な手法であれば、すぐに利益が出るだろうと、毎日逆張りを繰り返しました・・・しかい2分の1を当てる物とは思えないほど、連続して負けて行きました。

そして気づけばこちらも残金1万円。

取り憑かれたようにバイナリーオプションにのめり込んで生活が破綻寸前

「この1万円をなんとか増やさなくては」と今度は多くのインジケーターを見ながら勝負!

でも・・・勝てない。

「大丈夫、こんなに勉強したのだから」と、再度入金。

それを毎日、毎月とくりかえしていました。

気が付いた時には、家賃を滞納。携帯電話も止められました。

それでも、麻痺していなのでしょう。

「ネットを見る限り、みんなこの方法で結果が出ている。私はまだ、何かの法則に気づいていないだけ」とマインドコントロールにも似た心理状態になっていたと思います。

退場、バイナリーオプションはやめました

こんな状況で、両親が異変に気付き、妻の状況を考えていただき、両親の助けで転職しました。

生活が安定し、我に返りました

「バイナリーオプションは・・・やめよう」と思いました。

累計の損失額は50万円ほどになっていました。

これからは、大切な家族を無理をせず、安定して守っていこうと心に決めています。

タイトルとURLをコピーしました